■t.s.d.c.メンバー日常を綴るブログ■

過去記事(50件表示)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東大の学食について本気だして考えてみた
2005年07月04日 (月) | 編集 |
050704-todaihonki-alo


おかげさまで好評をいただいております「学食探検隊!」、今回は日本の最高学府である東京大学の本郷キャンパスに足を運んでまいりました。日本の最高学府と言われるくらいですから、学食も普通ではないのでしょう。期待と妄想が膨らみます。

050704-todaihonki-alo1

東京大学の名物である赤門に集合し、いざ出発!
門をくぐってから最初に目に入ったのが大量の自転車。

050704-todaihonki-alo2

さすが日本の最高学府、自転車の数でも負けるわけには行かないようです。また、バイクに乗った学生もちらほらと見かけます。しかもノーヘルです。暴走族の数が日本一といわれている神奈川に負けまいという確固たる姿勢なのでしょうか。

という冗談はさておき、キャンパスの中に自転車やバイクがあるのです。学食探検隊!の第一弾で中央大学に行った際には、キャンパス内にある生協という売店に自転車や原付バイクが売られていたことから、「あの広いキャンパスを自転車で移動するのか」などという冗談を言っていたのですが、東京大学ではどうやら本当にキャンパス内を自転車やバイクで移動しているようです。

050704-todaihonki-alo3

そりゃこれだけ広かったら自転車で移動したくなります。

ということで、自転車に乗ってこなかった我々は仕方なく徒歩でキャンパス内を東大生になりきって練り歩くことにしました。

050704-todaihonki-alo4

今回の目的地は「生協中央食堂」です。

050704-todaihonki-alo5

メニューですが、定食に麺類にカレーといった単品はもちろん、サイドメニューやデザートまでもがあります。冷やし中華にいたってはバリエーションが3種類も!

050704-todaihonki-alo6

赤門ラーメンなんてものもありました。どうやら東京大学の学食でオススメの一品らしいです。

ということで我々は、赤門ラーメンを始めとして、ラーメンやカレー、定食をいくつかチョイスして食してみることにしたのでした。

050704-todaihonki-alo7.jpg

東京大学の学食といっても、特別変わったものではありませんでした。コップがビーカーや三角フラスコでなかったのには、私としてはとても残念なことでした。どうやら妄想が過ぎたようです。

食事中、こんな会話が聞こえてきました。

「初対面の人と東大の話になったときに『東大なんていくとこじゃないね。特に東大の医学部は最悪だよ。』なんてことを言われたんだよね。でも俺、東大生なんだよね。しかも医学部。(笑)」


東大生は意外と身近なところにいるようなので気をつけましょう。

お腹いっぱいになり偏差値も4くらい上がった気になった後は、東京大学キャンパスツアーというものに参加してみました。

050704-todaihonki-alo8.jpg

東京大学キャンパスツアーとは、学生が主催する企画でキャンパスを2時間かけて散策するというものでした。東京大学とは日本で最初の大学ということもあり歴史があるので、そのあたりを東大生のガイドさん二人に詳しく解説していただきました。

050704-todaihonki-alo9.jpg050704-todaihonki-alo10.jpg
050704-todaihonki-alo11.jpg050704-todaihonki-alo12.jpg

途中、こんなものをみつけました。

050704-todaihonki-alo13.jpg

東大にパンツが落ちていました。こんなところで脱いでどうやってこの場から去ったのでしょうか。しかし、東大ではよくあることのようです。

050704-todaihonki-alo14.jpg

キャンパスの中心には「三四郎池」という池がありました。夏目漱石の小説が由来になっているということで、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。ガイドさん曰く、「本郷キャンパスのこの池に対抗して、駒場キャンパスには一二郎池、柏キャンパスには五六郎池というものがあります」とのこと。このあたりはさすがですね。

050704-todaihonki-alo15.jpg

大学の顔である図書館にやってまいりました。

まず、図書館前の階段に座って本を読んでいる赤い服の人が目に入ります。そして中の入り口には駅の改札口のようなエントリーゲートが。suicaのように学生カードをかざすだけで高速道路のETCのようにゲートがスゥーっと開きます。その開き方が実に静粛で機敏!我が帝京大学の図書館のゲートと時代の差を感じさせられました。そして内部の閲覧室にはシャンデリアと剥製が!さすがにシャンデリアと剥製はいらないのでは、と思ってしまいました。

050704-todaihonki-alo16.jpg

東京大学には桜の木が一本もないそうです。なぜかというと、学生の風紀を乱すからだそうです。そんなことをいうのだったら図書館のシャンデリアと剥製もどうにかしたほうがいいんじゃないかとも思ってしまえるのですが、それはさておき東京大学のメインストリートには銀杏が植えられたということでした。

050704-todaihonki-alo17.jpg

ということで、東京大学のシンボルである安田講堂前でツアーは終了しました。

我が帝京大学は東京大学と一文字違いでしかないので堂々としていればいいのに必死に大学名を隠そうとする人がいたり、パンツが落ちていたことに大興奮してしまった人がいたり、図書館のゲートに狂喜乱舞してしまい中で勉強していた学生に迷惑をかけてしまった人がいたりと散々なツアー参加者達でしたが、丁寧に案内をしてくださったガイドの方々に感謝です。

さて、今回の学食探検隊は半分以上がツアーになってしまいましたが、次回の学食探検隊は明治大学リバティータワーvs法政大学ボナソワードタワーの仁義なき戦いをレポートしたいと思っております。お楽しみに!

◆東大学食の詳しい内容はこちら↓
[学食を食べに行こう!] 東京大学・本郷キャンパス

(posted by Mockey)
コメント
この記事へのコメント
何より、人が良かったよね。
2005/07/20(Wed) 00:37 | URL  | hijikata #79D/WHSg[ 編集]
レギュラーカレー
PING:
BLOG NAME
ふと中央食堂のメニューの中で「レギュラーカレー」だけ未だに食べたことがないこと...
2006/02/07(Tue) 15:23 | URL  | guest #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。