■t.s.d.c.メンバー日常を綴るブログ■

過去記事(50件表示)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[オスたま] 第四回 オススメラーメン「一蘭」
2005年06月25日 (土) | 編集 |
今回のオススメたまちゃんはラーメンです。
昭和35年創業 とんこつの本場 博多から進出してきた
一蘭のラーメンを紹介したいと思います。
                         



記事:ながまん
実は私が一蘭のラーメンを知ったのはTSDCの記者である yo-he-が「あの一蘭のとんこつラーメンを食べたら 他のラーメンは食べられなくなる。めっちゃ美味いよ!」という話を聞いたからでした。 「ほぅ そこまでいうにはかなりのモノなのだろう」と思い、東大学食ツアーの帰りにHiRockyとkazuで台東区 上野にある アトレ上野 山下口店(東京都台東区上野7-1-1)に行ってまいりました。


一蘭のシステム


 お店の中に入ると他のラーメン屋と比べて明らかに違う雰囲気が漂っていました。

なにが違うかというと、ラーメンをすすっているお客の姿が見えませんでした。 そしてラーメンを作っている職人さんの姿も見えませんでした。 最初これはどういうことなのだろうかと思いましたが、席に座るとすぐに理解できました。 このお店の特徴的なシステムである 「味集中システム」 客が食事する席が個々に分かれていて、回りを気にせずにラーメンを食べる事に集中してもらうようにということでした。


お店のホームページで調べると、“『食べること』に集中していただける環境を準備させていただきました。当店では味はもちろんのこと、食べる環境にもこだわることにより、お客様へより一層ご満足を提供できると考えております。”ということらしいです。 確かに席が分かれていれば食べる事しかできないので、ラーメンに集中してしまいます。 


ちょっとみんなでワイワイ楽しみながら食べるということには合いませんが、一人でラーメンを食べにいくには最高のシステムだと思いました。



一蘭のとんこつラーメン



 席に座ってから5分ぐらいでラーメンを食べる事ができました。 私の文章力が超貧弱なのでおいしさを十分に伝えられませんが、まず・・・



麺・・・ほそッ!! うまッ! 


スープ・・・んめぇ! ・・からッ! 辛いッ!


チャーシュー・・厚ッ! 肉厚ッ




一蘭のラーメンの味にびっくりしました。 いや・・逆にラーメンを表現する私の
文章力の無さにびっくりしたと
思います。

 申し訳ありませんが自分に力がないので人の力を借ります。


■ジョジョの奇妙な冒険(33巻の「イタリア料理を食べに行こう」を参考)

億泰「ウンまああ~いっ!こっこれは~っ!この味わあぁ~っ!こってりとしたスープに麺のもっちり感がからみつくうまさだ!!スープが麺を! 麺がスープを引き立てるッ!
“ハーモニー”っつーんですかあ~、“味の調和”っつーんですか~っ!
例えるなら川畑 要と堂珍 嘉邦のCHEMISTRY!
加護亜依に対する辻希美のW!
高森朝雄の原作に対するちばてつやの“あしたのジョー”!」



「このラーメン――――“赤唐辛子がはいってんすか?
ああ――――――  その! オレよぉ~~~ 「辛い」のダメなんスよ
辛いの苦手なんス。 カレーライスもリンゴと蜂蜜の入った「バーモンドカレーの甘口」じゃあないと食えないし、寿司のワサビもだめなんスよぉ~」

ペロッ

「あ! ダメッ! 辛いっ! これ辛いっす! 激辛ッす!」

「・・おれカライのダメなんだよな・・でもよ・・・なんか・・思わずすすりたくなっちまうんだこのスープ。」
ズズズッ――――ッッズズズズズ―――――ッ!

「飲めるはずがねーんだよ こんなカライの! でも思わずすすっちまった。
クセになるっつーか いったん味わうと引きずりこまれるカラさっつーか・・
たとえると「豆まきの節分」の時に年齢の数だけ豆を食おうとして 大して好きでもねぇ豆をフト気づいてみたら一袋食ってったっつーカンジかよぉぉぉ―――~~~~~ッ!



ズッズルルズルズルルッ!
うわぁぁぁぁぁ! はっ 腹が 空いていくよぉぉ~~~~~ッ!!
食えば食うほどもっと食いたくなるぞッ! こりゃぁあよぉぉぉぉ――――ッ!!


ンまぁ―――――いっ!」







という感じです。すいません。ジョジョの作者 荒木飛呂彦大先生の力を借りました。申し訳ないです。

 とにかく、もっちりとした麺と辛いスープの調和、そしてチャーシューの贅沢な事とそれを引き立てるシャッキリ感の青ねぎ! それぞれバラバラな個々の食材が一つにまとまってお互いの味を引き立てていました。 大感動でした。 たとえるならオーケストラです。個々の楽器が一つの曲として調和し、観客を感動の渦に巻き込む。 ラーメンもオーケストラもそういう意味では同じものなのかもしれません。


自分の中での 一番うまい “とんこつラーメン”は一蘭のラーメンで決まりです。
この記事を見た皆さんも是非一度行ってみてはいかがでしょうか。


一蘭のホームページ http://www.ichiran.co.jp/pc/hp/

記事:ながまん
コメント
この記事へのコメント
うまかったね、一蘭。でも辛い。
辛いのがちょっとなあぁ、という方は、普通よりも少なめにしましょうね。
2005/07/01(Fri) 23:56 | URL  | ヒジカタ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。