■t.s.d.c.メンバー日常を綴るブログ■

過去記事(50件表示)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えっ高尾山? ちょろいっすねwww
2012年05月11日 (金) | 編集 |
帝京大学八王子キャンパスのGWは9連休だったわけですが、その長い休みに我々tsdcは3つの企画をこなしました。


4月29日に行い前回更新の鬼ごっこ、5月4日のみどりの日で無料公開だった多摩動物公園、そして今回更新するのは5月1日に登ったマウント高尾!


今回は珍しく写真が充実しているので、写真を中心とした更新です(´゚c_,゚` )



TAKAOSANNGUTI
京王線高尾山口駅にあった天狗様のお顔。ご立派です。








20120501_134300M_convert_20120510030430.jpg
高尾山の麓にあるリフトとケーブルカーの乗り場です。



我々tsdcは雨であろうと使わないのです。甘えは許さないのです。





TKO_20120510094804.jpg
かっこいいポーズです。見覚えなど無いのです。







PAP_0013_convert_20120510095454.jpg
今回登る1号路です。おすすめです。







PAP_0072.jpg
ところどころに御利益のありそうな三十六童子の像があります。







kiri_convert_20120510100704.jpg
どぎつい坂道と濃い霧が行く手を阻みます。









kiri22.jpg
だがしかし、疲れなど知らないのです。










DSC_0043_convert_20120510102713.jpg
展望台からの眺めです。ちょっと晴れてきました。








kiri3.jpg
先ほどのリフトの行き先です。頂上まで残り3分の2といったところでしょうか






kiri33.jpg
小休憩、、、のはずがまさかのビールです。山を舐めてます。















kiri334.jpg
蛸杉です。左端の穴の開いた木がそうです。誰も見てません。









kiri3343.jpg
浄心門です。左にある小さなお堂には山伏の始祖的なものが祭られてます。









kiri33435.jpg
浄心門の先は二手に分かれています。煩悩の数108からなる階段の男坂と、ゆるやかな坂道の女坂です。分かれた先ですぐに合流します。


真の漢を目指す者ならもちろん男坂です。

この坂もまた、実に走りたくなる坂である。








PAP_0048.jpg
仏舎利塔です。純白がシャレオツです。

仏舎利塔とは、釈迦の遺骨(仏舎利)を納める仏塔のこと、らしいです。








kiri334358.jpg
四天王門です。薬王院の入り口であり、四天王と天狗様がおられます。







kiri3343588.jpg
鼻の長い大天狗とクチバシのある小天狗(烏天狗)です。いかついです。







辟。鬘契convert_20120510114240
いかつくないです。







kiri33435886.jpg
この道をまっすぐ行くと弁財天と小さな洞窟がありました。









kiri3343588631.jpg
kiri334358863.jpg
薬王院御本堂です。









無題1111111111111
この坂の先に見えるのが御本社です。赤を基調にハイカラにきめてます。


階段の両脇に見えるのが、道のところどころにあった三十六童子の像です。最初見たときはちょっとしたホラーかと思いました。






無題1111111
もう本当に至るところに天狗様がいます。あとなんか丸いまわるやつも。









2012050116330000.jpg
この坂を登れば頂上です。












kiri33435886311_20120511015434.jpg
頂上です。疲労感と達成感。皆の背中が物語っています。






無題111111
記念撮影です。


なぜあのポーズに男達は魅せられるのか、なぜ木の棒を天に突き刺しているのか、なぜ星の数ほど女の子は居るのに私に彼女は出来ないのか、謎だらけの世の中なのです。











kiri33435886311111.jpg
帰ります。



途中、私は言いました。

「山登りってやつは、まるで人生のようだぜ」どやっ!

すると山田君がぼそりと






「あ~最後はずっと下り坂ですね」





















無題1111
帰りはつり橋によってみたり





kiri00_20120511022941.jpg
ジャンプしたら揺れますが、頑丈です。当たり前ですね。













kiri0.jpg
滝によってみたり




kiri011_20120511023553.jpg
滝は一般公開していなかったけど、川の水を飲んでみたり













kiri0117.jpg
遭難 地図にはない道を進みDBのジュースを買ってみたり












kiri01171.jpg
野生のイモリと戯れてみたり





なんやかんや19時過ぎて、周りには誰も居なくなり…




電車は貸切でした









電車のなかで「高尾山、どうだった?」と、聞いてみると皆一様にこう言い切るのです




















ちょろいっすねwww









なんなんだ、この人たち





k2.jpg




※高尾山は自転車禁止です。
 川の水は飲料水ではありません。悪い子であろうとまねしないで下さい。


コメント
この記事へのコメント
マジチョロかったす!
2012/05/11(Fri) 03:32 | URL  | すた丼部員24 #-[ 編集]
>>24さん

この分だと富士山もちょろいっすわwww
2012/05/11(Fri) 07:56 | URL  | t.s.d.c. #-[ 編集]
チャリで来たんでちょろいっすww
2012/05/11(Fri) 10:41 | URL  | 会員634 #-[ 編集]
いやー、実にッ!ベリッシモちょろかったですね!
ちなみに天狗さんの立派なモノ♂を触ってるのは私です。ごめんなさい
2012/05/11(Fri) 10:48 | URL  | はじこ #mexrsrk2[ 編集]
Re: タイトルなし
>>634さん


あの傾斜はむしろチャリの方が厳しいのではないでしょうかw
2012/05/11(Fri) 15:39 | URL  | t.s.d.c. #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>>はじこさん

あの後みんなで徹夜した事を考えると、あながち間違いではないですね!
あれは皆触りますよ。知的好奇心に駆られ。そして本能的に。
2012/05/11(Fri) 15:46 | URL  | t.s.d.c. #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。