■t.s.d.c.メンバー日常を綴るブログ■

過去記事(50件表示)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[耐久ハイク] 帝京大学板橋&八王子キャンパス間43Km完歩す!
2005年05月17日 (火) | 編集 |
050517-nighthaiku-alo.jpg
5月1日(日)多摩社楽DC有志3名(Mockey&nagaman&HiRocky)が、帝京大学の板橋キャンパス~八王子キャンパス間の約43Kmを完歩した。その所要時間は13時間55分。以下は、命がけのこの無謀な挑戦を記した、全記録である。

朝、午前9時、埼京線十条駅をスタートした3名はまず帝京大学板橋キャンパスに向かうことに。

「今日は暑くなくもなく、寒くなくも丁度いい天気じゃない?雨も降らなくてよかったね。」
「風も涼しいし、運にめぐまれたかな。」
「俺、晴れ男だからさぁ。(笑)」
「じゃ、雨の心配はないね。」


などと、元気に話しながら板橋キャンパスへ。しかし、この頃3名はまだ、この企画の真の恐ろしさを思い知るよしもなかった。

午前9時15分 板橋キャンパスにて。救命救急センター入り口。
(救命病棟24時を思いだすなぁ。進藤先生~。テーマ曲はドリカム、何度でも、何度でも~♪)

050517-nighthaiku-alo2.jpg
「でもここって、板橋ってわかるかな?」
「どう考えても病院だよね。これじゃ。(笑)」


でも、本当にここ板橋ですから!後ろに「帝京大学」って文字と「入学願書受付」って看板あるでしょ?(まだ願書受付やってんの??)

帝京大学 板橋キャンパスのイメージ:

大学、というよりも病院色が強いかなぁ。近くにも帝京大学系列の病院?があってそんなイメージを持ちました。それに、八王子キャンパスと同じようにビル郡、立ち並ぶ。という雰囲気。帝京はビルが好きなのかな。


スタートを再確認した3名は気合も新たに、次の目的地「学習院大学」へ。そう、これは「板橋~八王子キャンパス」を歩くだけではないのです。途中にある大学を幾つか回ろうという企画もあったのです。これが、この企画を更にハードにしたのです(笑)。

板橋駅に向かっていた道中のトークより。

「歩くと、電車での1駅区間(十条~板橋)もこんなにも距離あるのか・・・・・。」

午前10時。3名が人類の発明した文明というもののスゴサを再確認した瞬間であった。

「人間ってすごいなーっっっ!」

そんな中、1名に異変が発生した。軽い腹痛を訴えたのだ。なんとか持ちこたえたのだが、その理由は、朝ご飯を何も食べていなかったのと、涼しいとは言っても、歩いていれば徐々に始まる、水分不足。これら2つの要因が合わさって起こったのであった。

人間が何かをやる際にはエネルギーが必要であると再確認した瞬間であった。

なんだかんだ、第2の目的地「学習院大学」に到着した。3名。

午前10時35分 学習院大学にて。

050517-nighthaiku-alo3.jpg050517-nighthaiku-alo4.jpg


「中、入ってみよっか?」
「いいね~、初めて来たんだし。」
「皇族がいるんでしょ?ここって。」


と、いうことで、学習院大学に入ってみようと試みた3名。しかし、なんと守衛さんが2人もいるではないか!写真を撮ったりしていたため、大学の者ではないな、というオーラを放ちすぎていた3名は、素直にその場を退散することにしたのでした。
  
「写真、あとにすればよかったね・・・・。」

学習院大学のイメージ:

皇族が通っているということもあり、荘厳な雰囲気を出しているのかと思ったら、案外フツーの大学。部活orサークル(サッカーの)もやってて雰囲気は、対してどこの大学とも変わらないかな。ただ、大学のある街並みがかなりきれいでした。


そんな、思い残した気持ちがありながらも学習院大学をあとにした3名。それでは、しばし、道中の写真をご鑑賞ください。

050517-nighthaiku-alo5.jpg

学習院大学付近の歴史ある陸橋&階段。

050517-nighthaiku-alo6.jpg

都電荒川線。

3名は、この辺りで休憩を取ることに。コンビニにて水、食料を調達。

「食べ物って大事だね・・・・・。」
「水って必要だね・・・・・。」
「少し食べるだけでもこんなにも回復するもんなのか。」


物が食べられる喜び、そして、必要性を再確認した瞬間であった。食べ物、無駄には出来ないな。と心底、思った。

体力も少し回復した3名は、次の目的地「早稲田大学」へ。

道中、時間も11時を迎える頃。人通りが多くなってきた。人通りが多くなると、かなり歩きづらくなってくる。これが体力をかなり削る。なにより大変なのは自転車がうしろから来た時。気付けないので、避けるのも急に動かなくてならなくてはならない。この、予想してない急な動きというのが体力をかなり削る。自分の流れで動作が出来ないのはこんなにキツイものとは。

そして、早稲田大学にたどり着いた3名。西門から大学見学をすることに。

午前11時10分、早稲田大学にて。

050517-nighthaiku-alo7.jpg

050517-nighthaiku-alo8.jpg

「すげぇ、歴史あるって感じだー!」
「こーいうトコで本とか読みたいね。」


そうなんです。早稲田大学はキャンパス内にとてもたくさん、木々が生い茂っていて緑が多いんです。

「それに、結構涼しいよね。木が沢山あって日陰になってるからかなぁ?」
「でも、どう考えても、観光客の人が多くねぇ??」


早稲田大学に入って思ったのは、観光に来てるだろう、おばちゃんたちがいたこと。この大学はそういうのもOKみたいよ。

「中大の多摩キャンパスみたいに、新しくてきれいなトコもいいけど、こういう歴史ある校舎ってのも、なかなかいいよね。」
「これが大学っていうのかな。」


そんな、きれいなキャンパスということもあったのか3名はしばし休憩した。約1名かなりバテてきている人もいた。だがしかし、まだまだ先は長い。

「これは、思ってたよりもなかなか時間かかるぞ。」
「ちゃんと、八王子に帰れるのかな、心配になってきた・・・・・。」


早稲田大学のイメージ:

3名のトークからもわかる様にやはり歴史がとても感じられる。それと同時に観光地化されてて、それが新鮮だった。やっぱり歴史的文化遺産だね。何と言うか「癒されるキャンパス」です。緑多いけど帝京八王子とは全然違うオーラを発しています。


あんまり、話し込んでいてもしょうがない、次の目的地を「明治大学」として先を急ぐことにした3名。だが、時間もお昼時ということもあったため、そろそろ昼ご飯。新宿にて食べようと決め歩き出した。

都心に近づくにつれ、どんどん人通りが多くなってくる。更に歩くのが大変になる。

「やっぱり、ここはすげぇ多いな~、ヒト。」

050517-nighthaiku-alo9.jpg

JR新宿駅。

050517-nighthaiku-alo10.jpg

文化女子大学。

「入れないからなぁ・・・・・。」
「これも一応大学に寄ったことになるのかな。」
「これもキャンパスだよね。」
「ビルじゃん!」


こちらの大学のキャンパスは甲州街道沿いにあり、キャンパスというより、ビルディングという感じ。少し、帝京と通じるところがあります。

050517-nighthaiku-alo11.jpg

この日は5月1日(日)公務員はお休み。もちろん石原さんもお休み。でも、メーデーやってた。けど、公務員休みだよ。誰への訴え?

そんな中、3名は展望質へ。

「景色いいけど、もやってるなぁ・・・・・。」
「もっと、地球をきれいに使いましょう!」
「八王子から都庁は見えるんだけど。こっちから見えないね、八王子。」
「まだ、先は長いなぁ・・・・・。」


新宿を満喫?した命知らず3人衆はそろそろご飯を食べることに。

昼ご飯はMockeyオススメの「GoGoカレー」。雑誌のカレー選手権で3連覇をしたらしい。テレビの取材を受けている最中だった。

普通のカレー、カツカレーなどメニューもそれなりにあるが、何より、それぞれ量が選べるようになっていて、お腹と相談した量が食べられるのはうれしい。コースはヘルシー、エコノミー、ビジネス、ファーストとある。

味はというとオススメするだけあって、辛さも絶妙で、なるほどかなりおいしかった。それだけ、空腹だったということも考えられるが、お腹すいた時のご飯はやっぱり最高だ!

「最高です!」

水もそれだけ体が必要としていたのだろう。飲みすぎってくらい飲んだ。そこの店長さんがの元気がすごく良くて、カレーと共に元気を貰った。

ちなみにMockeyはすごくお腹が減っていたみたいで、ファーストクラスの上をいく、「メジャーカレー」に挑戦していたが、盛りがとんでもなかった。でもあの量で1000円なら安いかな。みなさんも一度食べてみて。おいしさは補償します。かなりうまい。

「やっぱり、カレーは最高です!」

午後2時30分。「GOGOカレー」でGOGO!!な気分になった3名は残り約33キロを歩き始めた。ここから先は甲州街道を通って八王子まで歩いていく。首都高、中央道の下を歩く。音がでかい。話がしづらかった。この状態が続くとなると、かなりのストレスになる。

「会話」というものは、しているだけでまいってしまいそうな気分が紛らわされる。なにより、お互いの存在を確認できる。それだけで、この極限状態を和らげてくれる。コミュニケーションって大事だと感じた瞬間だ。

八王子33Kmの道路標識が視界に入る。

「33Kmかぁ。遠いなぁぁぁぁぁ。」

20分くらい歩くと、八王子32kmの道路標識。

「32Km!?こんなあるったのに、1Kmだけかよ。」
「きつい。」
「32Kmって書いてあるけど、市役所までの距離だから、大学まではもう少し近いよ。」
「28kmくらいじゃない?」


nagamanの言葉。彼は、この日のために、数日前に八王子Cから新宿まで歩いていたため、その言葉は参考になる。

そんな会話をしているうちに、京王線、明大前駅を通過。つまり明治大学に到着。

午後3時45分。明治大学和泉キャンパス到着。

050517-nighthaiku-alo12.jpg

3名。かなり限界に近いところまできていた。休まざるをえない状況。
                          
コンビニで買った食糧を食べる。

「お腹がすいたらスニッカーズ。」
                          
お腹がすいたらとは、よく言ったものである。かなりお腹にたまる。名キャッチコピーだ!みなさんもハイキングをする際は、「スニッカーズ」持って行こう!

050517-nighthaiku-alo13.jpg

限界の2名。

明治大学 和泉キャンパスのイメージ:

高速道路、甲州街道沿いにありながらもキャンパス内は静か。歴史ある建物と、新しく出来たばかりの建物とが隣接して建っており、新しいキレイさと、歴史の重み。2つを味わえるお得なキャンパスだ。日曜日で休みということであったが、学生は思ったよりも大学にいた。サークルか何かの旅行帰りの学生に出会った。富士急に行ってきたみたいだった。富士急行きたい。


キャンパス内で休むことが出来た3名。頭痛を訴える者も出てきたが、本人曰く、大丈夫そうなので、時間もなくなってきており、暗くなってきていたので先を急ぐことに。午後4時出発。

ここから先はひたすら、甲州街道沿いを歩き八王子を目指す。長い旅の始まりだ。ここからがかなりハードな道になった。

歩く上で目標となるのは道路標識。しかし、歩けど歩けどKm数が減らない。これほどキツイものはない。あるっている、という結果が形として明確にならない。気持ちもまいってくる。

Km数では、どれだけ歩いたのか、明確にならないし、標識が出てきても、大して距離が減っていないと、それはそれで気がまいってくる。3名は道路標識よりも京王線の駅を基準にして歩いた。

050517-nighthaiku-alo14.jpg

明大前・・・・・。

下高井戸・・・・・。

桜上水・・・・・。

上北沢・・・・・。

八幡山・・・・・。

芦花公園・・・・・。


1駅1駅過ぎていくと、歩いたことが形として認識できる。これはkmを見ているより、気を張っていられる。

千歳烏山・・・・・。

千歳烏山駅、近くにでかいマンションが建つらしい。そこでビラを配っていたお兄さんが、すごい腰が低くて、貰わないのに、

「ありがとうございます!」

と満面の笑みで返され、こういうのがサービス。このくらい出来るようにならなきゃいけないんだなと感じた瞬間だった。

あとで知ったことであるが、テレビでよく宣伝しているライオンズマンションだとわかった。そのビラ配りのお兄さんの笑顔でライオンズマンションという企業が、とてもいい企業だと思えた。

仙川・・・・・。

ここでトリビア。ハイクしていてわかったことがあります。

『駅の名前は仙川(Sengawa)、その近くを流れる川は仙川(Senkawa)という。』

「8へぇ~」。
「今日のトリビアは、明日使えるものばかりでしたね!」


みなさんも明日、使ってみてください。

つつじヶ丘・・・・・。

柴崎・・・・・。

国領・・・・・。


3名は少し甲州街道を離れ、旧甲州街道を歩くことに。このあたりからなんと雨が降り始めた。

「今日、雨降るって言ってた??」
「寒い・・・・・。」
「晴れ男、誰だっけぇ?」
「・・・・・傘、買ったほうがいいかな。」


国領駅前のファミリーマートでのトークより。

布田・・・・・。

そして、調布到着。

「調布まで来たよ!京王線もあと、半分くらいだ~!」
「自分で自分を褒めてあげたいです。」
「電通大、よってく?」
「・・・・・もう、ムリっ!」


雨も小降りにはなっていたもの、まだまだ先は長い。3名は休みたい気持ちを抑え先へ。

午後6時20分。

西調布・・・・・。

「そろそろ休む?ちょっとキテル。足が。」
「腹も減った。」
「何よりトイレ、寒い。」
「風邪ひくかもしれないな、これじゃ。」


雨はやんでいたが寒さと空腹が体力を削る。寒さで水も減らなくなってきていた。なによりも3名それぞれ、体に支障をきたしてきていたのである。

飛田給・・・・・。

3名は甲州街道に再び戻ってきた。しばらく歩いていくと、すごい強い光が見えてきた。「味の素スタジアム」である。

050517-nighthaiku-alo15.jpg

味の素スタジアム。サッカーの試合やってた。

050517-nighthaiku-alo16.jpg

タイトル『Jinrui no Eichi』

味の素スタジアムで、このハイクで人類の文明、叡智をその身を持って体感した3名。アジスタで、しばし、その叡智の巨大さに浸っていた。

午後7時35分

味の素スタジアムをあとにした3名は、再び八王子に向かい出した。

「昔の人はあるって京都まで行ってたんだよね。」
「江戸までとか、参勤交代で歩いたんだし。」
「それに比べれば43Kmぐらいだもんな~。」
「昔は、今みたいに道もしっかりしたもんじゃなかったから、旅の途中で死んじゃう人とか、逃げちゃう人とかいたらしい。」
「それに比べ、今は楽になったもんだね。」


そんな話をしながら、

武蔵野台・・・・・。

多摩霊園・・・・・。


どんどん口数が少なくなってくる3名。集中力も薄れてくる。

東府中・・・・・。

そして、府中・・・・・。


この辺りから雨が降り出してきた。今回はかなり本格的の雨だ。それに加えて、HiRockyが数時間前から訴えていた足が限界に来てしまった。引きずりながら歩いた。3名、それぞれが気合いで、根性であるいていたのがこの辺りだ。しかし、誰1人として、休もうという者はいなかった。

分倍河原・・・・・。

ここから、中河原駅を目指すため、随分、連れ添っていた甲州街道とそれ、中道を歩き出した。甲州街道は車の通りも多く明るかったのだが、中道に入ると、車の通りも少なく、道も暗い。寂しくなってくる。3名、コンビニ休憩の時もほとんどしゃべることもなくなり、ただひたすら歩いていた。

中河原・・・・・。

ここまでくれば、もう少し。もう少しで、1駅で「聖蹟桜ヶ丘」に着く。そんな気持ちだけで3名は歩いた。多摩川の橋を渡る頃、雨は本降りとなった。

「もう少しなのになんでこんなに強くなるんだよー!」

橋から見た聖蹟桜ヶ丘の夜景が、雨で滲んでいたのを、よく覚えている。

と、そんな時だった。Yo-He-からのCall。その電話で、みんなの気持ちが紛れた。続いて、会長NOMAからの電話。ゴールで待ってるとのことだ。次は絶対、お前にも歩かせてやるからな、このハイクの恐ろしさ思い知らせてやる。と誓った。ただ、その電話で楽になったのは京王堀ノ内では雨は全く降ってないと聞いたときだ。

府中街道から川崎街道に入り、ついについに聖蹟桜ヶ丘!

050517-nighthaiku-alo17.jpg

「ついに来たよ、聖蹟・・・・・。」
「足、限界。」
「長かった~。」
「自分を褒めてあげたいです。」


川崎街道から、野猿街道を経由して、裏道を歩くことにした3名。普段、聖蹟からバスに乗ると15分くらいの距離が、ありえないくらい長く感じた。しかし、ここまで来たという気持ちで歩くしかなかった。

聖蹟まで来た、という安心か、もう少しという安堵か、3名はこの距離だけはよくしゃべった。

「雨もやんできたし、会長のいったことは本当だったね~。」
「これ映画にできるんじゃない?(笑)」
「してもいいかも。」
「プロジェクトXっぽく。」
「ドキュメントだよね。」
「WEST SIDE STORYになりそうじゃないっすか?」
「この道、なんかROUTE66っぽい。」
「写真にしておこう、かっこいい。」
「この際、もう何でも撮っとけ撮っとけ、撮れるだけ撮っとけ。」

「ゴールってどっちにしましょうか?」
「バスターミナル?」
「サンクス?」
「やっぱり、野猿街道沿いじゃない。」
「自転車置き場のとこ、だよね?」
「つか、会長はどこに行ってんだ?」
「電話―!」


そんなくだらない話をしながらゴールの時は徐々に近づく、心身ともにぼろぼろです。

そして、ついに・・・・・。

050517-nighthaiku-alo18.jpg

--- ---

第1回 多摩社楽DREAMCHASERS 帝京大学板橋~八王子キャンパス間ハイク

参加者
ハイク立案者、頭痛を訴えたMockey
ジャージでやる気まんまんnagaman
足が限界、自分を褒めてあげたいHiRocky

総km数
43kmくらい

立ち寄った場所
学習院大学 早稲田大学 文化女子大学(外だけ) 明治大学和泉キャンパス
東京都庁第1庁舎 味の素スタジアム

立ち寄った休憩場所
ampm ファミリーマート セブンイレブン ローソン ミニストップ GoGoカレー
(コンビニばっかり)

ハイクに要した時間
午前9時00分スタート (埼京線十条駅)~
午前9時15分 (帝京大学板橋キャンパス)~
午前10時35分 (学習院大学)~
午前11時10分 (早稲田大学)~
午後12時20分 (JR新宿駅)~
午後12時40分 (文化女子大学 外だけ)~
午後1時00分 (東京都庁第1庁舎)~
午後1時50分 (GoGoカレー)~
午後3時45分 (明治大学和泉キャンパス)~
午後7時20分 (味の素スタジアム)~
午後10時55分ゴール (帝京大学八王子キャンパス)

要した時間
13時間55分

おつかれさまでした。第2回は相模湖キャンパスから八王子キャンパスまでを企画しているらしいです。

参加したい方がいらっしゃいましたらサークル宛にメールを下さい。たまちゃんのトップページに記載されています。お待ちしてます。

今回の旅は『Challenging Myself』という言葉のつらさ、大切さを思い知れた旅であった。

Written by HiRocky

--- --- 

この後、会長も含めた4名はガストで朝まで語り合った・・・・・。てか終電なくなって帰れなくなって、寝てた。足、痛めてて曲げられなかったからかなりきつかった。

と、いうかガストの方、ご迷惑おかけしました。朝まで長々とすいません。
コメント
この記事へのコメント
がんばったね 
2005/05/18(Wed) 21:21 | URL  | ニャース #79D/WHSg[ 編集]
ふぁぁ~ぁ.....ごくろうさ~~ん。
君たちにおすすめサイトがあるよ♪♪
第43回本庄~早稲田100キロハイクについて
http://www.komaike.com/html01/100hai.htm" rel="nofollow">http://www.komaike.com/html01/100hai.htm
2005/05/19(Thu) 01:35 | URL  | PRINCE #79D/WHSg[ 編集]
?時間も歩いたのはすごいと思ぃまふ!!知らなかったにょぉー。
また俳句…じゃなくてハイク頑張って下さいなぁ(*^∀^*)
ってか今度ゎあたしと行こぅー(´∀`)ニャハ
2005/06/30(Thu) 23:49 | URL  | ォバチャン #79D/WHSg[ 編集]
アメデトウゴザイマス
オマエラデンシャツカッタロ
ウソツクナヨ!!
ダンダンシャシンナクナッテイッタヨ。
2005/09/26(Mon) 17:17 | URL  | オクラホマの核弾頭 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。