■t.s.d.c.メンバー日常を綴るブログ■

過去記事(50件表示)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試される大地。07北海道スキー旅行一日目
2007年11月04日 (日) | 編集 |






羽田空港に到着。かし朝方ということもあってか、空港に着くまで1時間ほどしかかからなかったのにはいささか驚きを隠せな・・・





っていきなり食うのかよっ!
途端にコレだ。因みに毒太が食べているのはおでん缶です。ってかなんで羽田空港に秋葉原名物のおでん缶??

おでんをほおばりつつ集合時間を待っている(かなり速く着きすぎた)と、都心から合流のMcとイノ君が到着した。今回は遅刻者がいなくてよかった。





さ~て、ひこうきでもみてゆうがなときをすごすかなぁ~~~~!なんておもったりしちゃったりして、たのしくひこうきをみるんだ~~~~~~~~!!!!!
っという気持ちを心の中にしまいこみ、展望台へ立ち寄った。




朝焼けでキラキラっと機体が輝いていて美しかった。一行の期待もキラキラっと輝く(自重)。

しかし、ここで一人心穏やかではないメンバーがいた。なんということか、ここまで普通に使えていたMcの携帯が通信不能になってしまったのである!!
Mc「信じられないよ。ここまでコンスタントに動いていたのにいきなりこんな事になってしまうなんてね。







そんなMc以外みんな爆睡の中、新千歳行きの飛行機は1時間半の空旅へと飛び立つのであった・・・。
「僕ぁあのキャビングアテンダントが好きだ。」そんな会話が飛び交う。
O-canはビジネスマンと化していた。
毒太はヘッドフォンスタイル。
Wakaは口を開けながら。
Mcはただ飛行機にやられていた。
イノ君は席が離れてたけど絶対寝てた。

新千歳空港に到着!!そのまま札幌行きの電車に一直線。途中、Mcは早くも北海道限定の清涼飲料水であるリボンナポリンを購入していた。






そして快速エアポート103号に乗車。この車輌を選んだわけは、幹事イチ押しの他とは違うuシートという指定席が存在するからだ。どう違うのかはググってくれ。
「ワーイワーイとっても座りやすーい!すごいよこのいす。コンセントまであってまるでしゃちょうのイスだね。それにしてもこのでんしゃってしずかだよね~」
「北海道にはディーゼルエンジンで動く列車も走っているんだよ。北海道の汽車ってとっても性能が高いんだ。たとえば、札幌―釧路を結ぶスーパーおおぞらの車輌は、130キロを出すために一台一台綿密にポート研磨したV12ターボ(スーパーチャージャー付き)12?のフェラーリエンジンを1両あたり2基搭載しているんだよ。このエンジンは1台あたり900PSものパワーを発揮するんだ。それに、安全のためブレンボのブレーキも装備しているよ。」
「・・・JRってそんなにイタリアと仲良かったっけ?普通コマツディーゼ・・」
「何も言うな、ただの妄想だ。」









そんな快適なuシートに揺られること36分。遂に一行は札幌駅に到着した。
「寒いッ!」電車を降りた瞬間に出た言葉はこれに尽きる。そして、駅前のわずかな雪ではしゃぐ観光客たち(笑)東京では暖冬の影響で一度も雪が降っていなかったから無理も無い。

さっそく街を歩いて見る。ところで、Mcのケータイ不通事件は札幌のドコモショップでの料金未払いの発覚により幕を閉じたのであった・・・。




まずは旧道庁に行く。赤レンガの綺麗な建物の周りを庭園と花畑と池が囲んでいるのだが、雪の影響で建物くらいしか見ることができなかった。それでも一度見ても損はない。







次に時計台。ウマイ角度で撮った写真ではたいそう立派な建物のように見えるが、実際は結構低く、両隣のビルに埋もれているような感じで建っている。
ちょうど12時になったので鐘が鳴っていた。この時計台は1時間おきに鐘が鳴る。






そのまま大通公園に到着。ここにあるテレビ塔も、電波等繋がりだと言って東京タワーを想像してはいけない。このミニマムサイズだからこそのテレビ塔なのだ。ふぇるなんど的には年一回訪れてはいるのだが、まるで初めて見たかのようにみんなとはしゃいでおく。

そして、二条市場でt.s.d.c.メンバーがどうしても食べたかったモノ・・・。
これだ。海鮮丼。






札幌の魚市場と言えば二条市場!!新鮮な魚介類が俺らを待ってるぜとばかりに海鮮丼をみんなでいただきました。

そして、北海道大学へ向かうため、二条市場を出ようとしたその時!市場のおっさんにイクラをお土産に勧められる。
「お兄さん!!イクラ買ってかない?」
「うるせえ!!(ウチの爺さんも漁師やっててな、内地住んでてもイクラなんて定期的に送られてくるんだわ。」


※一部フィクションです







そんな感じで北海道大学到着。そして思った。
「うぉー!デケえー!市街地、そして平地(重要)に大学があるぅー!な、なんか、北海道だけにでっかいどうー!!(恥)」

構内にてクラーク像発見。余談ですが、昔阪神タイガースにもクラークっていうバッターがいました。通算成績は・・・・?

北大の学食で学食探検隊をやったので、今度アップするね。




北大を出た後、二日目のスキー&スノボのためにニセコへ向かうバス乗り場へ向かった。冬の北海道の車の汚さに驚きつつ(約2名除く)さっそく道南バスに乗り込む。しかし道南バスは窓にセコイ時計台のフィルムを貼っているおかげで外が見えず、2時間半ものバス旅を全員が寝て過ごし、気づいたらニセコに・・・。
一同揃って「もう!?ニセコっ!!?はやっ!!」って感じであった。そして寒っ。

流石に都市部の札幌とニセコではまた温度差があり、その差がハッキリと身に感じるほどであった。みんな疲れた顔をしていても、それでも期待は膨らむ・・・。
そして宿泊地の石田高原ロッヂに到着!!部屋を見渡してドリフ級の壁の薄さに驚きつつも、親切にもご用意してくださったお弁当タイム!!グラスにコーヒーゼリーと粋な計らい。
そんなこんなで夜の部に突入!幹事二人の20歳の誕生日ということで、魔神から濁り酒コップ一杯が渡される。ありがたくいただいたふぇるなんどは、翌日地獄を見ることになるのだった。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。