■t.s.d.c.メンバー日常を綴るブログ■

過去記事(50件表示)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の思い出06'?~ちゅらっちゃう?~
2007年07月17日 (火) | 編集 |
06/09/14
沖縄合宿3日目。

本日の予定は1日かけて沖縄美ら海水族館(OKINAWA Chura-Umi Aquarium)へ。
前日、疲れからか早めに就寝したのが良かったのか、本日はみなさま朝の目覚めもよろしかったようです。

朝は8:00起床の9:00出発。
朝からハンバーガーを食べに行く一行であった。
途中、道の駅「許田」にて美ら海水族館の割引券を入手、ついでにできたてサーターアンダギーをつまみながら名護へと移動した。

普段なら、あまり考えないものではあるが、t.s.d.c.の目的として、A&Wというお店に行くことはとても価値があることなのであった。
というのもA&Wにはルートビアという飲み物があり、それを飲む!というのがこの旅のある意味で1つの目的になっていたのだ。

それは遡ること1ヶ月前のことであった・・・・・。
と、それについては以前にあげたお土産のお話の中で書かれています。
参考にしてみてね。→生き地獄大会 ~今ここに集うモルモット達と取扱危険物~

そのルートビアという飲み物はかなり、すんごい味なのです。


まったく飲めず顔を歪める人。難なくと飲んでしまう人。
まあ、俺には炭酸水に漢方薬を突っ込んでシロップをやたらいれた味としか思えないのだが・・・

ちなみに缶でも売られているのだが、缶よりもA&Wなどのお店で出されるものの方がおいしい!っていうかまだましだ。



そこでルートビアとボリュームのあるハンバーガーを食べた、再び車に分乗して出発しようしたところにおかやんのジモティから電話が来た。
どうやらその友人は、おかやんを呼び出して集合しようとしていた模様。

しかし、おかやんは一貫して現在の自分の所在地が沖縄県であると訴えているのにもかかわらず、完全にスルーされて信じてもらえない。

「…いや、だからマジで沖縄なんだって!!」

彼は必死だった。



その後は山沿いの道を走り、美ら海水族館に到着。と同時に雨も止む。
人気スポットだけあって、駐車場はいっぱい。しかもほとんどレンタカーの「わ」ナンバー。
車を降り水族館内へと向かう。
すると、正面に大きな鮫のオブジェを発見。集合写真を撮らずにはいられなかった。





入館・・・


いきなり、浜辺の生物に触れるブースが現れる。この時点で、すでにメンバーの心はバラバラだった。
ある人はそのままスルーし、ある人はヒトデと戯れ、そしてある人は写真撮影に明け暮れる・・・。
ちょっと歩くと、大水槽の魚たちに餌付けをしている場面に出くわす。水槽いっぱいに散りばめられた餌が、魚たちによって一瞬で何も無かったかのようになっていく光景は神秘的であった。

この水族館は沖縄海洋博の開催地に立てられたものでつい最近リニューアルオープンをしたばかりなのだ。
そのため館内はキレイ!その作りは日本で唯一、いやいや世界で唯一といえるものがちりばめられているのだ。
ちなみに館内にはそれを証明する、ギネスの認定証が飾られているのです。
見つけられた方はすごいですよ。場所は一番メインのところにあります。探してみましょう。
見つけられた方はご一報ください。

その館内のつくりを少々ご紹介。
まずは、奥に進めば進むほど水深が深いところに棲む生物がいる水槽が並ぶ仕組みになっています。
つまり、歩けば歩くほど、水深が深くなるということですね。

なんといっても厚さ60cm、高さ8.2m、幅22.5mの一枚アクリルパネルが貼り付けられた世界最大級の水槽があり、水量は7,500t。その中にはジンベエザメが2匹(ジンベエザメの複数飼育というのも世界初)やマンタ(イトマキエイ)の雄大な姿をみることが出来ます。









さて、t.s.d.c.メンバーはどうなったのでありましょうか。

やはり、まだそれぞれ自由行動をしているようで、かなり進む差が開いてきてしまっているようですね。
そんな一同が再開を果たしたのはおみやげコーナーであった。正しくは、じっくり組が追いついたと言うべきか。はたまた、前の人が早すぎたのかどうなのか・・。


その後、夕食についてちょっと会議。
宿泊先でバーベキューにするつもりであったが、事前予約制だったため断念。
温泉に入るという案も出たが、結局近場で済ますことにした。
結果的に夕食にかける時間を削減できたため、イルカショーを見に行った。


輪をくぐったり、ダイバーを一緒に泳いだり、やっぱイルカゎおりこうサン(´∀`*)!
最後にはお客さんに手を振ってきてとてもかわいかった。

このショーでイルカの鳴き声?を聞くこともでき、大変満足度の高い催しであった。
気付けば雨が降っていた。スコールではない、しとしとと降る雨だった。この日唯一のネックを挙げるとすれば、この天候であったが、逆に言えば、今回の美ら海水族館がいかに面白いところであったという事実が浮き彫りになったと言えるかもしれない。


そんな天候も急に雨脚を強めたため、急いで車内に戻る。ワイパーを最強にしても視界が透らないバケツをひっくり返したような雨の中、南下を始めた。
それが原因なのか分からないが突然毒太が尿意を催し、やむを得ず名護警察署のトイレを借用する。
なんとか事なきを得たように思われたが、用を済ませたことによる安心感か、署の手前に設置された赤信号を無視してしまった。
ドライバーの証言では「T字で中央分離帯で仕切られていたため、灯火の存在に気付かなかった」と、容疑を否認している。

しばし、快適なドライブを楽しむ一同。

時間が経ち雨が止んだ。お腹も減ってきたt.s.d.c.のメンツは、美ら海水族館へ向かう時に見つけていた名護市内のお店に立ち寄る。
「17時なってないよ。どうする?まだ早いよ・・・」
しばし、1階にあるディスカウントストアで物色。そこで山積みにされた花火を確認。

「花火やりたくね?」
「花火やるの?やらないの? どっちな~んだい??」

「やぁ~~る!!!」 古っ!(^^;)

即決だった。
これでもかといわんばかりの花火とバケツを買い込み、さらには毒太が意味深な笑みを浮かべながら何かを購入した。

時間も頃合を向かえ、2階にある食べ放題の焼き肉屋へ。
やはり時間も早いのでお客さんは我々のみ。
食べ放題!バイキング!ビュッフェ!は我々t.s.d.c.には打って付けなのだ。



ありえない量を食べまくる。

なにより無尽蔵の胃を持つ魔人(魔神)、はたまた胃下垂という魔法の臓器を体内に装備している者。
これでは食が止まるということはない。
時間ぎりぎりまで男12人はひたすら肉にむさぼりついていた・・・・。
いくら食べ放題の店とはいえ店長も泣き寝入りだろうね。

「モトはとったぜ!」などと言いつつ、食い散らかしたメンバーは、宿泊地に車を向ける・・・・・かと思いきや本日の夜の部の食料を買い込むためスーパーに寄る。


さて、沖縄の家に帰ってきた一同はまず先に日焼けでほてった体を冷やすためにプールへ。


そうこうして楽しんでいたのだが、他のサークルさんの出現。
いづらくなり出たのですが、結果的に追い出された感じ。オフサイドトラップにまんまと引っかかった気分だ。なんだかなぁ。

ということで、あまり夜が深くなる前にロッジの裏庭で花火を開始。
こんな人数で花火をやるのはいつ以来だろう?久しぶりにはしゃいだみんながそこにはいたよ。
はしゃぎすぎの結果で服を焦がしたやつが約1名。どんだけはしゃいだんだ!


う○ち花火(蛇玉)はシュールで好きだなぁ。

続く、本日の夜のプログラム。
これはt.s.d.c.の歴史に残る1大企画の発端となる!!
最初この企画が生まれるきっかけは毒太の自己満を満たしたいがためであった。
その企画とはご存知の方もいるかもしれないが、『コーラにメントスを入れる』というもの。

知らない人は、「だから何?」と思うかもしれないが、それはこの動画を見て。

その後、最後に取っておいた線香花火で一人一人締めくくることにした。
が、ケンケンの線香花火は火をつけて数秒も経たずに落下した。夢ってはかないよね・・・
クリボーにいたっては線香花火が最終的に落下せずなんともしっくりこない終わり方。女心といっしょだね・・・


さてさて、部屋に戻って恒例の夜の部開始。
いつなくハードだったため、飲む酒が無くなってしまった。そこで、一同は近くのローソンに買い物にいったのである。全員が全員「No Foolish, No Life.」Tシャツに、メガネ姿で・・・。
初めに一同は漆黒の闇に包まれた海へと向かった。沖縄の海は2日目の昼間に遊んだ時とはぜんぜん違う顔をして迎えてくれた。なんだか特別な気持ちになった。
そして叫んだ。それぞれの胸中の想いを・・・。

ローソンに行った。
そのとき、すかさず店の前にいたあんちゃんに「あいつら全員同じTシャツにメガネじゃん」と突っ込まれた(実話)


してやったりヽ(´ー`)ノ これがt.s.d.c.の日常であり象徴なのだから。

その後、大満足で部屋に戻る。

そして、最後の夜を惜しみつつも、思う存分楽しむのであった・・・。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。