■t.s.d.c.メンバー日常を綴るブログ■

過去記事(50件表示)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の思い出06'? ~ウィー アー オール メン~
2007年07月03日 (火) | 編集 |
沖縄合宿2日目。

202号室 午前7時・・・






毒太による「ふざけんな━━━━━━━━っ!!!!!!」という叫びにより、部屋にいた多くの者は起こされた。

※彼のひいきにしている海外サッカーチームの敗戦を知ったため。

しかし、その1時間前。
隣の201号室では、午前6時ちょうどにセットされたHiRocky's携帯アラームにより、当人以外全員が起こされるという災難に見舞われていたのである。

これらは幹事の綿密なる計算に基づいた完全起床法だったのである!

・・・そんなわけで、2日目も幹事の2人によって騒々しく幕開け。
これぞt.s.d.c.クオリティ

さらに、
前日の夜の部でメンバーが就寝する前に、一足早くつぶれたよねぽんの寝入りを襲うという寝起きドッキリが行われ、その首謀者だったのべくんは、全く同じことをよねぽんにやり返される。

のべ「まじで寝起き顔の撮影は勘弁~~」




今日は天気もよく、海水浴へ行くことになった。←男だけで海行っちゃ悪いかっ(゚Д゚)ゴルァ!!


キーウエストクラブから歩いて10分。
まるで、プライベートビーチかのようなすっきりとした静かなビーチであった。
本当は教えたくないけど、特別御奉仕。


空の色をそのまま映したかのような、深海の中をどこまでもどこまでも見下ろせそうなマリンブルーが広がっていた。












時がゆっくり流れていると錯覚させられる。


波の音。
太陽の日照り。
塩風の匂い。
砂の踏み心地。

最高の光景を目の当たりとしたメンバー達。
テンションがあがらないはずがない!
とりあえず速攻で着替え、ダイブ!

「さいっっっこぉおおおおっ!!」


はしゃぐ、とにかくはしゃぐ。
子供か!?ってほどはしゃいだね。

ビーチバレーを始める者。
水球を始める者。
お酒を飲み始める者。
砂に埋められる者。
漂着していたモリで狩りをする者。
グラビアを撮る者と撮られる者。
シュノーケリングで遠泳をする者。
奇跡のハンドスプリングを披露するオリンピック金メダリスト!?






みんなで集合写真撮るしかないっしょ!!

カシャッ






さらに・・

ここでt.s.d.c.の本来の姿が明らかとなった!

t → teikyo
s → synchronized
d → dancing
c → crew



そう、実はウォーターボーイズ?のモデルにもなっ・・・

t.s.d.c.はすごいマルチサークルなんですね。
はままたt.s.d.c.クオリティ。

・・・
・・


日が傾くまで海水浴を堪能した後、近くのお菓子御殿へいくまでは宿で休憩となった。
それにもかかわらず休憩する者は誰一人としておらずプールでもはしゃぎまくった。



そしてお菓子御殿へと出かけようとしたところでとんでもないトラブルが発生した。

ステップワゴンのキーを海で紛失してしまったのである!!

さあどうする、t.s.d.c.一行。
あわててレンタカー会社に電話し、マスターキーを持ってきていただくことになった。
なのでしばらくは1つのレンタカーで行動することになりみんなでお菓子御殿へ行くはずが希望者のみお菓子御殿へ買い物へ行くことになった。





お菓子御殿には沖縄産のおみやげが数多くあり、中でも紅いもタルトは絶品だ☆


しこたまお土産を買い込んで宿に戻り、しばらくして無事にキーが届いた。
こうして今日の夕飯へ出向くことになった。

今日のお店は「名護曲」というキーウエストのマスター一押しの沖縄料理屋だ。

店内は多くの観光客と思われる団体で溢れていた。

ここでよねぽんが魔神召喚。これでもかっといわんばかりに、海ぶどう丼やゴーヤチャンプルーやラフティーをたのんで1人で食卓を占領していた。




そのあと、夜の部第2夜を敢行すべくお酒とおつまみをスーパーで購入。ここでもよねぽんが鬼殺し!

t.s.d.c.恒例となった夜の部は、海での疲れからか、早めの解散となってしまいました。
なので、よねぽんの伝家の宝刀デーモンキラーは発動しませんでした。


2日目はこんなんでした。おやすみなさい。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。