■t.s.d.c.メンバー日常を綴るブログ■

過去記事(50件表示)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毒太の本当に怖い家庭の雑学 ~ロックスミス編~
2006年06月30日 (金) | 編集 |
 
Locksmith/ロックスミス = 鍵師・錠前師
 
  
それは突然,、何の前触れも無く起こった。
玄関の戸に鍵をかけ、抜こうとした瞬間・・・・・んんっ?
 
 
!!!
 
060630kateino-1.jpg


鍵が折れ、破片が中に入ったままに・・・・

その上、ロックしてある状態のため部屋に入れない。
為す術も無い私はやむを得ずロックスミスを呼んだ。

「最悪の状態ですね・・・。」

鍵の状態を見るや否やスミスの発した第一声がこれだった。


スミスはピッキングで開錠に試みるもうまくいかず、仕方なくのぞき穴をペンチで開け、そこから細長いL字クランクを通して無理やり内側から開けて見せる。
部屋に入ることに成功したスミスは次の作業に取り掛かる。破片の抜き取り作業だ。
部屋の内側からプラスドライバーでドアノブを解体していくと最終的に筒状のものが残り、そこからピッキングで破片を取り除く。
そしていくつものパーツにと解体されたドアノブをパズルのように復元していき、すべての作業が終わったかのように思えた。
しかし、さすがスミス。さすがプロ!!抜け目ない!!
私に折れた鍵からスペアキーを作るように丸め込めると、そそくさとそとその作業に入った。
新しい鍵ができあがりうけとると今度こそすべての作業が終わり、私に請求額を提示する・・・・



「痛いなぁ、2,100円か~。あれ・・・21,000円?
                    にっ、にまんせんえん!!


060630kateino-2.jpg



くる。きっとくる。きっとくる。
あなたの鍵大丈夫ですか?
放って置くとひどい目にあいますよ・・・



(written by 毒太)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。