■t.s.d.c.メンバー日常を綴るブログ■

過去記事(50件表示)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[たまぶら] お散歩日和3 ~『耳をすませば』の地を歩く~
2006年03月07日 (火) | 編集 |
どうも!今回はいきなり、クライマックスの場所へと自転車で急ぐところからです。





朝早くから寒空の下、ご苦労様です。くそぅ~!うらやましい。





映画では急勾配に感じるこの坂、実際は緩やかな坂なのです。それにも関わらず、大変そうなのは雫ちゃんが・・・。これ以上はやめておきましょう。桜ヶ丘1丁目4番地付近です。じつは、すぐそばに「天守台」があります。



浄水場のわきを通って秘密の場所へと向かいます。





「耳をすませば」ファンによるマナーの悪さから、付近住民の要請もあり、数年前から この先が立ち入り禁止区域となってしまいました。無断で入った場合は、警察に通報される仕組みとなっています。十分に注意してください。モデル地を見に行かれる際には、くれぐれも最低限のマナーは守ってください。





秘密の場所に到着です。立ち入り禁止区域内なのが残念であります。




間に合いました!さあ、朝日が昇りますよ。





新宿副都心やサンシャイン60などが映ります。かなり澄みきっているようです。





こちらは夕日の時間。聖蹟桜ヶ丘駅がよく見えますが、新宿は見えませんでした。ちなみに、空が澄みきった日には大学からも、11号館8階などから新宿が望めます。





高幡方面と国立方面の写真です。真ん中に光っている建物は火事ではなく、パチンコ屋さんです。





綺麗な光景で、もはや言葉になりません。多摩川がやけに近く見えるのが気になります。




「雫~!大好きだ!!」のシーンです。もう、朝日よりも眩しくて見てられません!

~秘密の場所の周辺写真~





眼下に広がる聖蹟桜ヶ丘の街並み。昔は田んぼが多かったんですね~。




東寺方小学校近くの大栗川沿いの道を歩いています。





粒のように白く見える場所。あれが秘密の場所といわれているところです。




もし実在したら、天沢くんと雫ちゃんともに25歳ですが、うまくやっているでしょうか?





ここが歩いている場所です。「耳をすませば」気分に浸っているカップルが数組いました。




京王バスです。車体のデザインはいまもなお、変わりません。

~『たまぶら』街角物語~

私はこのシーンから、下手すると新たな物語が始まっていたのではないかと思うのです。




危ない!後方から凄い勢いで接近する車に気づかず、最高の笑顔を魅せる雫ちゃん。




当該事件現場付近(近影)

このワゴン車の運転手は見通しの悪いカーブで発見が遅れたとはいえ、ブレーキを一向にかける素振りを見せません。アニメだからこそ、なにも起こらず助かる事ができました。もしも事故にあっていたとしたら・・・。天沢くんはこの後すぐに登場する予定ですから、救急車を呼んで適切な対応をとり、雫ちゃんは一命を取り留める事ができたでしょう。しかし、長期の入院生活を強いられ、2人の恋は病院で燃え上がっていったかもしれません。「耳をすませば」は病院を舞台とした悲しい物語になっていた可能性もあるのです。

そんな話にならなくて、ほんと良かったです。もちろん、そうなる訳ありませんが・・・(汗)。この映画のシーンを初めて見たときから、想像していた物語(妄想)を書かせて頂きました。どんなに嬉しい事があっても、道路への飛び出しは大変危険です。絶対にやめましょう。※不謹慎な内容でごめんなさい※

次回は「耳をすませば」完結編です。お楽しみに!
コメント
この記事へのコメント
あの映画大好きです。何度観て元気出る
2006/12/02(Sat) 23:01 | URL  | guest #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。