■t.s.d.c.メンバー日常を綴るブログ■

過去記事(50件表示)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[たまぶら] お散歩日和1 ~『耳をすませば』の地を歩く~
2006年03月03日 (金) | 編集 |



こんにちは、ゆうきです。はじめまして!我がサークルのマスコットキャラクター、たまちゃんの散歩を担当しています。こちらでは散歩を通して発見した、オススメの街や散歩道を紹介していきます。

というわけで、今回は第1回らしく「耳をすませば」の地でも知られる聖蹟桜ヶ丘です。3月3日『耳の日』から、このシリーズ始めていきま~す。

みなさん、知っていますか?来たる3月10日の金曜ロードーショー(日テレ)で、「耳をすませば」が再放送されます。

→詳しくは、日本テレビHP (金曜ロードーショー)まで 

あわせて御覧戴ければ、より一層楽しめるかと思います。ぜひ、御覧ください!

スタートは聖蹟桜ヶ丘駅前(西口)の交番裏にある、モデル地案内の看板前です。この看板は上映10周年を記念して、2005年夏頃に設置されました。

カラフルでちょっとした解説もあり、よく紹介されています。

紹介するところが多いので、今回は聖蹟桜ヶ丘駅周辺と多摩川にスポットを当てます。

まず、歴史を簡単に紹介したいと思います。

~聖蹟桜ヶ丘の歴史(近代)~
大正14年3月24日 玉南電気鉄道(現;京王電鉄)の開通に伴い、「関戸駅」が開業。京王電気軌道に合併された後、昭和12年5月1日「聖蹟桜ヶ丘駅」に改称されました。聖蹟桜ヶ丘ってなんか神秘的な名前ですが、そもそも由来はなんなのでしょう。明治時代、天皇はこの地域を御猟場として鹿狩りに訪れており、天皇の訪れた場所は当時「聖跡」と呼ばれていました。これに駅周辺が桜の名所であったので「桜ヶ丘」との2つの名称を組み合わせて名づけられたのが、現在の聖蹟桜ヶ丘駅です。以後は京王相模原線が開通するまでの間、多摩ニュータウンの唯一の玄関口としての役割を果たしていました。


ここからは、映画の映像と実際の写真との対比をお楽しみください。





杉ノ宮駅(聖蹟桜ヶ丘駅)新宿方面に到着する電車。この車両は廃車になっています。





映画では南・北口。実際は東・西口となっています。





これから、猫を追いかけつつ図書館へ向かいます。









杉ノ宮駅前(北口)の風景です。10年前の聖蹟駅前とそっくりだそうです。







聖蹟桜ヶ丘駅前(西口)の風景です。OPAができたため、街の姿は変貌しています。





梅ヶ丘皮フ科の看板。車窓で建物が微かに描かれています(杉ノ宮駅到着直前)。映画とは場所が異なりますが、同じデザインで桜ヶ丘皮フ科が実在します。桜ヶ丘皮膚科は聖蹟駅東口NOVAの隣にある雑居ビル内にあります。また、さくら銀行(現;三井住友銀行)は三菱東京UFJ銀行として実在します。映画の中でじつはこの銀行、数分間に七変化を遂げているのです。





さくら銀行(車窓)→第一勧業銀行(駅前から多摩川方向)→ぼ~なす(?)銀行(高幡方向)

いずれも三菱東京UFJ銀行の建物を描いたカットなのでありますが、最後のぼ~なす銀行に至っては建物まで変わっちゃってます。スタッフの遊び心なのか、それともミスなのか・・・謎は深まります。





駅より高幡不動方にある、多摩でんきボーイの看板です。実在します。





図書館へと続く さくら通りです。駅前再開発ビルOPAの開店に伴い、
モデルとなった商店の多くは姿を消しているようでした。








実際のさくら通りの様子です。駅前の商業集積が著しいせいか、あまり活気がありません。

この先、さくら通りは「いろは坂通り」となり桜ヶ丘住宅地へとつづきます。図書館・桜ヶ丘団地・金比羅宮などは次号で取り上げますので、お楽しみに!

さて、多摩川にやってきました。たまちゃん、なつかしの場所です。





夏はバーベキューや釣りなど・・・賑わいを見せますが、さすがは冬です。土手沿いを散歩する人がちょっといるくらいです。後ろに見えるは関戸橋。




『泳ぎた~い!』とたまちゃん。なかなかのはしゃぎっぷりです。





ぼんやり見える府中四谷橋(斜張橋)は、TBS系ドラマの「ブラックジャックによろしく」で、エンディングにて主人公の斉藤英二郎(妻夫木 聡)が渡っていた橋。で、この場所は主人公が土手で寝ていた場所に使われました。モノレール高幡不動駅高架下や大学近くの日野市三沢2丁目付近の坂道など、日野・多摩・府中市周辺で撮影が多く行われていたようです。





多摩川から望む聖蹟桜ヶ丘中心部。京王線は右にカーブを描きつつ、駅へと向かう。

~食べ歩きの1軒~
このたび、紹介するお店はレストラン神谷です。近江牛を使用していますが、値段はとてもリーズナブルなようです。店舗の1階が精肉店になっているようで、学生に嬉しいコロッケもあります。散歩(取材)の時には知らなかったお店なので、後日また改めて紹介します。川崎街道沿いの市進学院・予備校間にある道を入ってすぐです。 (住所;東京都多摩市関戸4-5-4(京王線聖蹟桜ヶ丘駅 徒歩1分)、詳しくは公式ホームページ


~『たまぶら』街角物語~
「CLUB MOUTH」って聞いたことありますか?かつて、ケツメイシがこちらで“熱帯夜”というLIVEを開いていたそうです。いま、お店は残念ながらありませんが、建物は今もなお健在です。ここから駆け上っていったケツメイシ。私たちも飛躍できるように頑張っていきましょう。





アルバム『ケツノポリス』の歌詞カードの最後の方に載っています。また、『ケツノポリス2』に収録されている「ケツメの作り方」を聞くと、このCLUBがあった当時の情景が自然とよみがえるかと思います。





こちらの雑居ビルの地下1階にあったようです。メンバーの中には隣接している薬局で、アルバイトをしていた人もいるかもしれませんね。川崎街道沿いにあります。

それではまた次回をお楽しみに~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。