■t.s.d.c.メンバー日常を綴るブログ■

過去記事(50件表示)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バケツdeプリン(準備編)
2005年12月26日 (月) | 編集 |


ミルメークに続くバカ企画を思いついたよ!」というメンバーの発言からこの壮大な物語は始まりました。

「バケツでプリンをつくり、たらふく食べたいな♪」

だれしもが思いつくものだけれど、絶対やろうとしないバカ企画「バケツでプリン」を思いついてしまったのです。しかし、お金はないが人と時間はありあまっている我々にとっては絶好の企画でありました。

プリンの作り方なんてろくに知らない我々でしたが、気がついたらバケツを買いに走っていたのでありました…

[全文を読む...]

スポンサーサイト
[たまちゃん書店] 第6回 「言いまつがい」
2005年12月22日 (木) | 編集 |
たまちゃん書店店主であるNOMAより年末年始の営業時間についてご案内します。29日(木)は通常通り営業いたします。しかし来年2006年の第1回目の営業は店主の都合によりまことに恐れ入りますが1月12日(木)に開店いたします。来年もたまちゃん書店及びTSDCをよろしくお願いいたします。

さて、本日ご紹介するのは第4回でもご紹介した糸井重里さんの本です。前回は大人の言葉にはいろいろな略語や専門用語があり理解することができない。そんな人のために面白おかしく語句を紹介した「オトナ語の謎。」でした。そして今回登場するのは・・・ずばり「言いまつがい」です。あれっ?と気づかれた方もいるかもしれませんが、題名からして言いまつがえています。ごほん、言い間違えています。この本はそんな言葉を発した時、メールの文章などの間違いを読者が投稿して書籍化にされたものです。

[全文を読む...]

[ぶらり途中下車] 新百合ヶ丘 珈琲茶館OB
2005年12月21日 (水) | 編集 |


小田急線新百合ヶ丘駅。本線である小田急小田原線と多摩センターに繋がる小田急多摩線を繋ぐこの駅は、帝京大学に通学する上で経由する人も多いかと思います。

しかし、この駅に立ち寄ったことがあるという人は少数なのではないでしょうか。今回はこの小田急線新百合ヶ丘駅にスポットを当て、「ぶらり途中下車」として楽しめるスポットを紹介していくことにします。

今回紹介するのは新百合ヶ丘駅南口前にあるOPA内2Fの「珈琲茶館OB」というカフェ。

直下にあるEXCELSIOR CAFFEに比べると、木材をふんだんに使った空間デザインで独特の雰囲気を作り出しているお店です。

しかし、ここはただのカフェではありません。「珈琲茶館OB」のホームページをみただけではいたって普通のカフェなのですが、まずはメニューにあるコーヒーフロートを注文してみると……

[全文を読む...]

旅情詩 op.3 -晩秋の古都、京都編- 豪華3企画仕立て
2005年12月19日 (月) | 編集 |
永らくお待たせしました旅情詩第3弾をお届けします!今回の旅情詩ですがたまちゃん企画と連動して3部構成でお送りしたいと思います。

第1章
「深紅に染まる古都。」旅情詩第3弾秋の京都編


晩秋の京都。そこは目を見張るほど深紅に彩られていました。

現地に住むmi amigoに案内をしてもらい今回の旅は始まったのです。Amigoのおすすめを案内してもらうことにした一行はまず龍安寺へ向かったのです。今回の旅行はどこに行こう!というものはなく、完全ノープラン旅行だったのです!

今回は感想を言うよりも、目で見てもらったほうがいいでしょう。

[全文を読む...]

[たまちゃん書店] 第5回 「問題な日本語」
2005年12月15日 (木) | 編集 |
クリスマスも近づいてまいりまして、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?もう予定はできましたか?家族や恋人と一緒に過ごすのもいいですし、友達と一緒に過ごすのもいいですよね。なかにはアルバイトに励み、普段と変らぬ生活をする人もいると思われます。今回はそんなアルバイトに励む方にぜひ読んでいただきたい本です。

今日紹介するのは北原保雄氏の「問題な日本語」です。明治大学の斎藤孝先生の「声に出して読みたい日本語」とともに最近の日本語ブームを支えている1冊と言ってもいいですね。今年の11月には第2弾「続弾!問題な日本語」も発売されまして、ますます日本語ブームにも火が付くでしょう!!さてなぜアルバイトに励んでいる方に読んで欲しいかと言いますと、アルバイトを頑張られている方ほどマニュアルに忠実には働いているからです。

[全文を読む...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。